お試しレッスン

フルートお試しレッスン 2

 

 

楽器の持ち方

いよいよ楽器を組立てて、構えてみます。
前回お話したとおり、私はクラリネットの経験はあるのですが、クラリネットは縦に構えるのと、マウスピースを口でくわえられるということ、右手親指を楽器に引っ掛ける部分があるので、安定して持つことができました。
しかし、フルートはそのどれとも違うので、安定して持つということがとても難しく感じていました。

フルート

フルートは、下顎、左人差し指、右親指の3箇所の3点支持で、テコの原理を応用して楽器を支えます。
私が難しいなと思ったのは、下顎と左人差し指を楽器が安定する位置に定めることでした。

左人差し指の位置は現在はようやく安定してきましたが、最初のころは今までしたことのない手首と指の角度だったので、手首や人差し指に痛みが出ることもありました。
左人差し指の楽器へのあて方は、手首と人差し指の付け根の関節(MP関節)を外側へそらし、フルートに末節骨(第2関節と第3関節の間の骨)をあてるようにします。

これが一番私には難しかったです。いい位置に左人差し指があたっていないと、楽器がとても不安定になり、結果口の位置も安定せず、アンブシュア(口の形)が定まらず、音が上手く出せないという状態になってしまいます。
左手は親指も楽器の裏側で楽器に触れていますが、楽器を支えるというよりは本当に触れているという状態です。左手人差し指の位置を定めるのに、とても時間を要しました。

正しい位置にあたっているときは、左人差し指第2関節と第3関節の間の部分が圧迫されていたためか、赤くなっていました。それを基準にしていきました。
人によって指の長さが違うので、手首と人差し指をそらす角度は変わってくると思います。

また楽器が安定して持てている時の左手の状態をスマホのカメラで撮影するなどして、再現できるようにしていきました。

楽器の構え方

フルートは横に構えるので、これもまた最初は体幹の向き、足の向き、腕の上げ方、角度とどうバランスをとればよいのかを一つ一つ、いい位置を探っていきました。

初めは体がねじれているような感覚がしてしまい、慣れなかったり、右腕や左の手首が痛くなったりしていました。恐らく、楽器を安定させようと変なところに力が入ってしまっていたのだと思います。

私が受けているレッスンでは、座って行っているので座ったときの構え方について書いていきたいと思います。

先生から、昔は椅子に対して斜めに向けて座ることが多かったけれど、今はそういうことは関係なく、真っ直ぐ正面を向いて座ることが主流かもとのことでした。
その時その時ではやりのようなものがあるそうです。

慣れないうちは(今もですが)、音がなかなか出ず、特に肩から腕にかけてガチガチになってしまい、痛みが出ることが多かったです。

人それぞれ体の大きさ、つくりが違うので、フルートを構えるときの腕の角度や、首の角度は全く同じにする必要はなく、基本をおさえつつ、その中で自分にあった構え方を模索することが大切だと感じました。
もちろん、変なところに力が入っていたり、変な癖がついていないか、先生にチェックしてもらうことは大事だと思います。

次回はいよいよ音を出す段階について書いていきたいと思います。