お試しレッスン

フルートお試しレッスン3

いよいよフルートの音を出すレッスンです。

 

頭部管(マウスピース)で音を出す

まず楽器をすべて組み立てて吹く前に、ウォーミングアップとしていつも頭部管だけで音を出すということをしています。この段階で音が出せていないと、楽器を組み立てて吹いてみても音を出すことは難しいのです。

フルートの歌口に息を吹き込んでいくのですが、フルートは吹き込んだ息の半分は外に、半分が楽器の中に入っていくような感じです。唇に力が入りすぎていても、音は出なくて、また歌口に唇をつける際、下顎をひきすぎても音は出ません。

私はこれが難しかったのですが、下顎はどちらかというと少し出し気味にするようです。

最初はいいアンブシュアや楽器を唇に当てる角度をなかなか見つけることができなかったのですが、楽器の角度を内側、外側と変えてみたり、息の入れる方向を変えてみたり、試行錯誤する中でなんとか音を出せるようになりました。

そしてようやく楽器を全部とりつけて音を出す段階に入ることができました。

はじめての音 

初めに紹介した「フルート教本」と「見て聴いて必ず吹ける フルート入門」の二冊を使ってレッスンを進めていきます。二冊同時に進めているのですが、片方の方でやった音と違う音をもう一冊でやるということもあります。

フルート奏者
「フルート教本」では初めて習う音はレの音(ピアノで真ん中のドの1オクターブ上のドの次の音)でした。

この音はそれほど難しくなく出すことができました。
その次にミ♭だったのですが、この音はレの音と指使い、息を入れるスピードをあまりかえることなくできるので、問題なく音を出すことができました。
ただ、まだフルートの音を出すための息の入れ方が安定していないため、いつも全力で息を歌口にいれているということ、いつも音が出せるアンブシュアや構え方がまだ安定していないことがあったため、練習中に酸欠で頭がクラクラすることが何度かあり、休憩をはさみながらレッスンをしていました。

先生からも「フルートは慣れないうちは、効率のよい息の吹き込み方ができなくて、頭がクラクラすることもあるので、その時は遠慮せずに言ってくださいね。休憩をいれてやっていきますからね。」と初めの頃は毎回言ってくださいました。

 

低音域の練習

中央のドから5度~7度上のソ・ラ・シの音の練習です。
ソの音は比較的音が出しやすい音のようで、楽に出すことができました。

初めに出したレの音に比べると、息のスピードは若干遅めで、柔らかいイメージで出すようにすると上手く音がでました。

構えに関しては、まだ慣れていなかったため、押さえるキーが少なめのシの音になると、口、左手人差し指、右親指での三点支持が上手できていない間は、楽器が安定せず、その結果アンブシュアも崩れてしまい、音が出ないということもありました。

「フルート教本」の方ではソ・ラ・シの音が出てきていた時、「見て聴いて必ず吹ける フルート入門」の方では、それに加えて中央のドの一オクターブ上のドが登場していました。

次回はド(中央のドのいちオクターブ上)の練習から書いていきたいと思います。