音楽

ジブリ音楽 おすすめのピアノ曲集

私は現在ピアノを習っているのですが、ジブリ音楽を弾いてみたい!と思って、色々なサイトを検索して、実際に本屋や楽器店で楽譜をみた中で、これがおすすめだなと思った曲集をご紹介します。

それは「スタジオジブリの名曲をあつめました 保存版」 出版:シンコーミュージック です。
ジブリピアノ曲集              引用元:Amazon

 

実際に今私も練習している曲集です。これから、この曲集のおすすめの理由を書いていきたいと思います^^

 

 

おすすめの理由 その1.曲数が多い

 この曲集のおすすめの理由は、一冊に収録されている曲数が多いということです。また多すぎるということもないので、本が重すぎて持ち運べないということにもなりません。

収録曲数は50曲、ページ数は208ページとなっています。50曲あるので、ジブリ音楽で弾きたいなと思う大抵の曲は収録されています。

幅広く知られている主題歌などの有名な曲から、劇中に印象的なシーンで使われていた曲もほぼ収録されているのではないでしょうか?

それぞれの作品の収録されている曲数は下記の通りです^^

風の谷のナウシカ 3曲
天空の城ラピュタ 3曲
となりのトトロ  5曲
火垂るの墓    1曲
魔女の宅急便   7曲
紅の豚      6曲
おもひでぽろぽろ 1曲
平成狸合戦ぽんぽこ 1曲
耳をすませば   2曲
もののけ姫    3曲
千と千尋の神隠し 4曲
猫の恩返し    1曲
ハウルの動く城  2曲
ゲド戦記     2曲
崖の上のポニョ  2曲
借りぐらしのアリエッティ 1曲
コクリコ坂から  2曲
風立ちぬ     2曲
かぐや姫の物語  1曲
思い出のマーニー 1曲

おすすめの理由 その2.原曲の雰囲気を感じられる

この曲集のおすすめの理由2つめは、原曲の雰囲気を感じられることです^^
恐らく原曲とキーが同じなので、演奏していても違和感を感じることは、ほとんどありませんでした。

あくまで私の主観ですが、この部分のリズムや音、和音は入っててほしいなと思うところは省かれることなく入っていることが多かったので、気持ちよく演奏できています。

 

 

おすすめの理由 その3.難易度が高すぎない

この曲集のおすすめの理由3つめは、楽譜の難易度が高すぎないということです。
出版社の公式サイトの方では、対象者は中級レベルとなっていました。

あまりに難しすぎると、途中で弾くのが嫌になってしまうことがありますが、ある程度練習をすれば、弾けるようになるレベルというのも丁度よい難易度ではないかと思いました。

それから、簡単すぎるということもしないので、弾いていて何だか物足りないということがないのではという点もいいところだと思われます^^

ただオクターブや分散和音が多く出てくるので、手がとても小さい方は大変に感じることがあるかもしれません。

私も手が小さめな方なのですが、「アシタカせっ記」に関してはオクターブが多く、途中で断念してしまいましたが、手が極端に小さくなければ弾ける曲がほとんどだと思います♪

まとめ

今回は、私がおすすめしたいジブリ音楽のピアノ曲集をご紹介しました!

楽譜を購入する際、私はできれば映画の中で流れている通りのアレンジで演奏したいという思いが強いので、実際に楽譜を手にとって譜面を確認したり、ネットでの口コミをみてどんなアレンジなのかリサーチすることが多いです。

なので、この記事がジブリ音楽のピアノ曲集を探す際に、少しでもお役に立てればと思います^^